栃木県立図書館

 
図書館で探す

名人暗号(あんごう)を解読(かいどく)せよ


図書館(としょかん)の本(ほん)の背中(せなか)をみて。

数字(すうじ)や記号(きごう)がならんだ、暗号(あんごう)みたいな不思議(ふしぎ)なラベルがはられているのをしっているかな?

これは、せいきゅうきごうといいます。

解読(かいどく)できたら、本(ほん)がすいすいさがせるようになっちゃうよ!

レベル1  カタカナの記号(きごう)を解読(かいどく)


ヤマワ148
まずはかんたんなものから。
 絵本(えほん)とかみしばいの背中(せなか)はカタカナ3文字(もじ)と数字のラベルです。
 カタカナは、絵(え)をかいた人(ひと)の名前(なまえ)の頭(あたま)から3文字(もじ)をとっています。
  『ぐりとぐら』なら、文(ぶん)は「なかがわりえこ」さん。絵(え)は「やまわきゆりこ」さん。
  ・・・ということは「ヤ」のラベルがはられているものからさがせばいいんだね!

レベル2  数字(すうじ)3ケタの記号(きごう)を解読(かいどく)


913
ハラ
 

本(ほん)のラベルはちょっとむずかしい。 3段(だん)に分かれています。

 

2段目(だんめ)のカタカナはかんたん。 本(ほん)をかいた人(ひと)の頭文字(かしらもじ)2文字(もじ)です。  『かいけつゾロリ』なら、「はらひろし」さんがかいたので「ハラ」となるよ。

注目(ちゅうもく)は一番上(いちばんうえ)の段(だん)! なにやら3ケタの数字(すうじ)がかいてあるよ?? これが本(ほん)をさがすための秘密(ひみつ)の暗号(あんごう)「分類記号(ぶんるいきごう)」です。

 

数字(すうじ)には、ひとつひとつに意味(いみ)があって、 くみあわせによって本(ほん)の内容(ないよう)をあらわしています。

まずさいしょに、ひとつだけおぼえるなら、「913」!「日本(にほん)のものがたり」といういみの記号(きごう)です。

 

『かいけつゾロリ』をよみたかったら、1段目(だんめ)913、2段目(だんめ)ハラのラベルをさがしてね!

レベル3  分類記号(ぶんるいきごう)のひみつ


暗号解読(あんごうかいどく)の手(て)がかりはみえてきた!

でも、この分類記号(ぶんるいきごう)、いったい、どれだけくみあわせがあるんだろう。

じつは3ケタつかったものだけでも、100パターンもできちゃうんだ。

これを全部(ぜんぶ)おぼえたら、もう図書館(としょかん)の達人(たつじん)!どんな本(ほん)でもさがせるよ。

 

・・・でもちょっぴりたいへん。

そこで、暗号解読(あんごうかいどく)のコツをこっそりおしえましょう。

まずは一番(いちばん)左(ひだり)の数字(すうじ)だけをおぼえてしまおう。

本(ほん)を内容(ないよう)によって、大(おお)きく10種類(しゅるい)のグループにわける記号(きごう)だよ。

総記
(そうき)
百科事典(ひゃっかじてん)・図書館(としょかん)の本
コンピュータの本 など
哲学
(てつがく)
人の生き方や考え方・宗教(しゅうきょう) など
歴史
(れきし)
日本(にほん)や世界(せかい)の歴史(れきし)・
伝記(でんき)・地図(ちず)・旅(たび) など
  偉人伝(いじんでん)はここだよ!
社会科学
(しゃかいかがく)
(政治(せいじ)・法律(ほうりつ)・経済(けいざい)・
教育(きょういく)・民俗(みんぞく) など
  民話(みんわ)やお祭(まつり)の本はここだよ!
自然科学
(しぜんかがく)
算数(さんすう)・宇宙(うちゅう)・植物(しょくぶつ)・
動物(どうぶつ)・体(からだ)の本 など
技術(ぎじゅつ).
工学(こうがく)
建物(たてもの)・機械(きかい)・化学(かがく)・
生活(せいかつ)・料理((りょうり) など
産業
(さんぎょう)
農林水産業(のうりんすいさんぎょう)・
商業(しょうぎょう)・乗り物(のりもの) など
芸術(げいじゅつ).
美術(びじゅつ)
絵(え)・工作(こうさく)・音楽(おんがく)
(演劇(えんげき)・映画(えいが)・スポーツ など
言語
(げんご()
日本(にほん)や世界(せかい)の言葉(ことば)の本
  国語辞典(こくごじてん)はここだよ!
文学
(ぶんがく)
日本(にほん)や世界(せかい)のものがたり・詩(し) など
  短歌(たんか)や俳句(はいく)はここだよ!

つ・ま・り、
動物(どうぶつ)の本(ほん)をさがすときはら、一番(いちばん)左(ひだり)が4になっている本(ほん)をめざしていくというわけです。

図書館(としょかん)の本(ほん)はこの数字順(すうじじゅん)にならんでいて、0~9の数字(ずうじ)は棚(たな)にも目印(めじるし)としてはられているよ。

じつは栃木県立図書館(とちぎけんりつとしょかん)だけでなく、学校(がっこう)の図書室(としょしつ)やあなたのまちの図書館(としょかん)でもこの方法(ほうほう)でならべられているところが多(おお)いんです。

こっそりおぼえて友達(ともだち)をおどろかせちゃおう!

ミニちしき

この数字(すうじ)をつかった分(わ)けかたは、日本十進分類法(にほんじっしんぶんるいほう)といいます。


入門・地図(ちず)を手(て)にいれろ本(ほん)のさがしかた

子どものページ・トップへもどる